格安航空券ってLCCのこと?格安航空券について詳しくご紹介いたします!

- 格安航空券を利用するデメリットとは?

湯気の立ったコーヒーカップ

格安航空券を利用するデメリットとは?

格安航空券を利用するデメリットとは?格安航空券はメリットが多くありますが、デメリットがゼロとは言えません。自分が感じる要望にマッチングしているのであれば問題ありませんが購入してから後悔しないためには、格安航空券のデメリットを把握しておく必要があります。ここでは国内旅行における格安航空券を利用するデメリットを紹介します。

人気のシーズンでは航空券が存在しない

一番のデメリットはゴールデンウィークなどの大型連休で旅行を選択する方が多いいわゆる「繁忙期」のタイミングの場合には、航空チケットが売り切れている可能性が高いということです。

日本国内では特に一般職であり、平日の夕方まで仕事をして土日が休みというような典型的な会社員といったような方であれば、利用したくてもできない可能性が高いということです。

このタイミングではどうしても人気の出るタイミングでしか旅行をすることが出来ない状況であるため、繁忙期のシーズンになってしまい、いくら探しても割高な航空チケットしか手に入らない。

ツアーなどに関しても、やはり世間一般が休みのタイミングで利用されることが多いですから、旅行会社もわざわざ格安チケットを販売するまでには至らず、探すことが難しいと言えるでしょう。

変更をすることが不可能

顔の前でバツを表現している人

長期的な旅行プランを立てる必要はありませんが、旅行日が確実でないかぎり、利用するとデメリットの方が大きいのが旅行会社が販売している航空チケットになります。

PEXのようにある程度に先の旅行計画を立てるという必要はないものの、購入した後の変更ができないことから、人気のないタイミングでしかも旅行計画の変更がないケースであれば、これほどに良い航空チケットはないといえるでしょう。

しかしながら、とりあえず旅行に行こうかというライトなニュアンスでしかも旅行日が確定しているのかどうか微妙といった方であれば、途中変更ができない格安な航空チケットはデメリットが大きいと言わざるを得ません。

安いことは魅力だけれど

格安な航空チケットはサービスの劣化がない割にPEX料金よりも安く航空券の利用ができることからメリットが大きいと思われがちです。

しかしながら、旅行日の変更ができないことや一般に人気の高い旅行シーズンの利用はチケットそのものが存在せず、スケジューリングを考える必要があるといったようなデメリットが存在しています。

メリットはもちろんデメリットもしっかりと頭に入れておき、必要に応じて使い分けをするようにすれば、後悔をなくすことにつながるのです。