格安航空券ってLCCのこと?格安航空券について詳しくご紹介いたします!

- 格安航空券があるのに普通運賃がなくならない理由は?

湯気の立ったコーヒーカップ

格安航空券があるのに普通運賃がなくならない理由は?

PEX料金や格安航空券があるというにも関わらず、なくならないのが正規料金の航空券。同じ日時で同じ航空機を利用する。その上でサービスも一緒だと分かっているなら安い航空券を購入するに決まっていると思うのは当然ですね。ここで疑問なのはどうして正規料金の航空券がなくならないのか?ということ。ここでは正規料金航空券に需要があるのかについて紹介します。

需要があるからこそなくならない

かつて航空券というのは国内線のものでも一般庶民には手が出せる利用料金ではなく、一部の富裕層でしか手にできない料金でした。そこからエコノミークラスやビジネスクラスが生まれたり、正規割引料金が誕生し団体旅行用の団体割引き。そして格安航空券が誕生しました。

現在国内の航空券の種類をざっとあげると正規運賃と制限付きのエコノミー料金。更にPEX料金と団体割引き。そして格安航空チケットなどさまざまな航空券を利用した乗客が同時に利用しているということになります。

同じ日時の同じ便に乗るのなら安いチケットにするというのは、やはり一部の方の論理であって、まだまだお金に余裕がある方の場合には正規運賃での航空券を欲しがるものなのです。

結果、需要があるからこそ正規運賃の航空券はなくならないわけですね。

意外と知らない正規運賃を利用するメリット

正規運賃を利用することは、ただの金持ちのプライドを満たすためだけのものと思われがちですが、正規運賃ではPEX航空券などを利用するよりも得られるメリットが存在します。

一つは有効期限が購入日から1年間有効であること。更に当日の購入が可能であること。更に予約便の変更が有効期間内であれば無料で何度も行うことが可能だということです。

予定がなかなか取りづらく変更が多い方の場合には、これほどに魅力的な航空券は存在しないと言ってよいでしょう。それに加えて他社便への乗り換えをすることも可能だというのだから驚きですね。

主要エアラインの場合他者との相互利用契約というものがあるため乗り換えが実現可能になっており、選択できるフライト幅は格段に広くなるのも正規運賃のメリットになるのです。

スケジュール変更が多い富裕層には欲しいメリットが沢山

このように一般人の感覚では需要が全くないと思われがちな正規運賃でもスケジュール変更などが頻繁にありえる富裕層などが利用するには非常にありがたいメリットが存在しています。

このため一見誰も買わないように思える普通運賃が未だになくなることはないのです。