格安航空券ってLCCのこと?格安航空券について詳しくご紹介いたします!

- 格安航空券とLCCとの違いは?

湯気の立ったコーヒーカップ

格安航空券とLCCとの違いは?

格安航空券と比較されるのはLCCですね。特に国内旅行の分野では従来の大手航空会社の航空券からは考えられないほどローコストな価格で購入することが可能です。ここでは格安航空券とLCCの違いについて紹介していきましょう。

どんな違いがあるのか?

旅行会社が販売する格安の航空チケットと、LCCとの違いはどのようなものなのでしょうか。まず前者の場合には、ツアーパッケージ用に大量購入をすることによって、安く手に入れて売れ残った航空券を更に安く提供するといったもの。

後者のLCCの場合は正規の航空チケット自体が安くされており、その代わりドリンクなど機内サービスは行われないようなシステムになっています。

国内の路線では大手航空会社の正規料金と比較すると半額以下や場合によっては3分の1以下などの料金で利用できるため航空機を交通手段と割り切っている方には絶大な人気を誇っている状況です。

安さの点からいえば、機内サービスや荷物サービスなど一切利用しないという条件ならばLCCの方が安くなると言えるでしょう。

メリットやデメリットは?

格安航空チケットのメリットはやはり安さです。逆にデメリットはといえば、航空会社を選ぶことができないこと。またどこで手に入れるかによってキャンセルや変更などができないといったことが挙げられます。

LCCも最大のメリットはその安さです。また格安航空チケットと比較して正規料金そのものが安いですからキャンセルも変更にも対応してくれます。

デメリットとしては大手航空会社では当たり前に行われるサービスは受けることができません。受けたいと思ったら別途料金が発生することになります。

また大手航空会社と比較して路線そのものが存在していないケースも存在します。主要空港同士の路線などはありますが、地方空港から地方空港への路線を持っていないケースが当たり前にあるのです。

つまりとにかく安いLCCを利用したくても出来ないという状況のエリアがあるということを覚えておきましょう。

スケジュールの変更がないなら格安航空チケットが良い

路線そのものが少ないLCCと比較して、格安航空チケットはほぼ全ての路線を網羅している状況です。このためメジャーな国内旅行先ではなく少しマニアックな路線などを使う場合には格安航空チケットを手に入れることがおすすめ。

逆にスケジュールの変更がありそうだったり、キャンセルの恐れがある場合には、自由に変更などができるLCCの正規料金を利用することをおすすめします。